がん治療の定番!がんをやっつける治療法とは?

切る治療と切らない治療の違い

病巣ごと切る手術

体の中にできたがんを転移した場所含めて切除するのが外科手術の強みです。病巣を丸ごと取り除くため、完治する確率がとても高くなります。

切らない場合

手術をせず、薬物療法や放射線でがん細胞を死滅させることもできるがん治療もあります。また、転移がんにも効果を発揮するため病気の進行を食い止めることに長けています。

それぞれデメリットがあることを理解しよう

切る治療や切らない治療も良いところだけではなくダメなところももちろんあります。それを踏まえた上で医師から詳しい説明を受けましょう。

がん治療にかかる費用

女性たち

手術をした時

術式で異なりますが、メスを使ってがん細胞を取り除くとなった場合100万円~200万円の出費になることもあります。ちなみに内視鏡での手術は100万円以下と良心的な価格なので、医療保険などの給付金も手術によって変動が見られます。

薬物療法と放射線

抗がん剤を使った治療の場合、サイクルごとに分けるので1クール、2クールで値段が違います。1クールにかかる費用は50万円から100万円が相場です。三大治療の一つである放射線療法は50万円以上になり、新しくできたものに関しては200万円を超えることもあります。

広告募集中