乳がん検診ってどこで受けるの?詳しい流れと内容

システムを使った乳がん検診と従来の検診との違い

専門医院での検診

専門クリニックでの乳がん検診は、視触診とマンモグラフィー、超音波検査を使い細部まで診ていきます。乳腺専門の医師が担当することが多く、精密な検査を得意としています。患者の数が多いので早めに予約を取る必要があります。

自治体で受けられる検診

費用がかからず、気軽に乳がん検診ができるのが最大のメリットです。マンモグラフィーを始め、視触診もやってくれます。乳腺専門医が少ない点が少々気になりますが、費用はかからないので念のために受けたいという人に向いています。

まずは予約をとりましょう

乳がんかもしれない、しこりが見つかったなどの理由もそうですが、乳がんがメディアで取り上げられるようになってから予約が殺到しています。まだ検査を受けていないという人は安心を手に入れるために思い切って予約を入れましょう。

検診から診断までの流れ

女医

問診と検査

妊娠の経験有無、初潮、閉経した時期、生理周期、家族の病歴などの情報を問診にて集めていきます。また、気になる症状がある場合は、指定された欄に記入しましょう。その事について医師がしっかり調べてくれます。

視触診と画像診断

しこりがあるかどうか、医師が実際に胸を触って調べることを視触診とよびます。ただ、最近はやらないクリニックも多いので視触診をなるべく避けたいならそうした病院を探しましょう。その後に超音波やマンモグラフィーを使って乳房の中をチェックしていき、怪しいしこりがあれば細胞診を行ないます。

広告募集中